ビューティ

「ケイト」からブラウンアイシャドウの新色登場 印象的な大きな目元を演出

 グローバルメイクブランド「ケイト(KATE)」から7月23日、抜け感のある目元に仕上がるブラウンカラーのアイシャドウ“デザイニングブラウンアイズ”(税込1320円)の新色が登場する。さらに同日には、ブラウンシャドウの目元を引き立てるカラーライナー“コンシャスライナーカラー”(税込1100円)、アイシャドウやアイブロウ、チークなどマルチに使える“ザ アイカラー”(税込715円)、血色感をプラスする“パーソナルリップクリーム”(税込550円)を発売する。※価格はいずれも編集部調べ

 ベーシックなブラウンシャドウに明るいカラーの影色“カラーニュアンスシェード”を組み合わせた“デザイニングブラウンアイズ”は、ベーシックで使いやすいうえ、抜け感のある大きな目元を演出できると人気のアイテム。新たに加わるカラーは、一体感のある陰影をもたらす“スキニーオレンジブラウン”と、深みと透明感を演出する“ヌーディーピンクブラウン”の2色。新色追加により8色展開となる。

 そのほか、カラーライナー“コンシャスライナーカラー”には“ラベンダーブラウン”と“シックバーガンディ”の、スモーキーな2色が追加。マルチアイテム“ザ アイカラー”には、シックな印象になる“モーヴラベンダー”と、さりげない陰影感を演出する“モーヴベージュ”が新たに加わる。全108色の“ザ アイカラー”にはそれぞれ欲名が付けられており、“モーヴラベンダー”は「思考停止」、“モーヴベージュ”は「このままでいたい」の欲名が付いている。SPF11のカラーリップ“パーソナルリップクリーム”にはクリアな血色感を演出する新色1色が登場。唇に塗布後、時間が経つと無色からほんのり自然な血色感のある色に変化する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら