ビューティ

チークはもはや“平成メイク”!? 血色を口紅で演出するZ世代の「リップ事情」

有料会員限定記事

 メイクを通して、Z世代が持つ独特の美容意識やコミュニケーション感覚をひもとく第2弾。今回は「リップ事情」にフォーカスする。マスクの下にもリップがマストなZ世代、果たしてその理由とは? 昭和世代にとっては、少々驚きの価値観をお届けしたい。

メイクに気合いを入れるのは「友達と会う時」
マスク下はリップがマスト

 Z世代のリアルなリップ事情を知るために、今回も学生さんに取材にご協力いただいた。萌さん(21歳・三重県出身)、なみさん(20歳・静岡県出身)、涼さん(24歳・千葉県出身)、ファッション系の大学に通う3人だ。まず、マスク下にもリップをつけるかどうか聞いてみた。

涼:つけます。学校に行くときは、だいたいつけています。

なみ:つけますね。特に誰かと食事の機会があるときは、マスクを外すので絶対つけます。バイトに行くときは、つけないこともあるかな。

萌:私もバイト先ではつけないけど、友達と会うときはほぼつけます。

 あくまで個人的な感覚だけれど、「バイト先ではリップをせず、学校ではするって、逆なのでは?」と思ってしまった。学校の校風やバイトの職種にもよるが、友人と授業を受けるような場面より、不特定多数の人と会い、社会活動に参加するバイトの場面のほうが、「きちんとしていたい」という心理が働きそうな気がする。

萌:友達と会うときにリップをつけるのは、“スマホで写真を撮る”からです。毎日会うような親しい子だと、食事くらいでは撮らないこともありますけど……。たまに会う子の場合は“いつ撮られてもいい感じ”にしておきたい。

涼:地元の友達と久しぶりに会うときなんか、バッチリメイクするよね。

なみ:確かに。友達に会うときが一番、ファッションにもメイクにも気合いを入れます。学校では皆メイクしてるから、しないと浮いちゃうくらい(笑)。

 不特定多数の他者と直接会う機会が「オフィシャルな場面」だったのは、もはやひと昔前の価値観らしい。友達同士で撮った写真をSNSにアップする場合、そちらのほうが、よっぽど不特定多数の人の目に触れる機会が多くなる。だからこそ、友達と会うときに最もメイクに気合いを入れ、特に欠かせないのが「リップ」なのだ。

この続きを読むには…
残り2485⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら