ファッション

「アディダス」とビヨンセが最新コレクション“アイビートピア”を発売 キッズ初のスイムウエアも

 「アディダス(ADIDAS)」とビヨンセ(Beyonce)のパートナーシップによるブランド「アイビーパーク(IVY PARK)」は、ユートピア(理想郷)とブランド名を合わせた名称の新コレクション、“アイビートピア(Ivytopia)”を発売する。

 コレクションは、アパレルやフットウエア、アクセサリーなどをそろえる。またブランドとして初めてキッズのスイムウエアを展開する。サイズはXXXS〜XXXXLで、レギュラーやプラスサイズ、タイトフィットをウィメンズとユニセックスで展開。アクセサリーはブリムハットやバケットハット、トートバッグ、ソックスなど。ほかにも、「アディダス」のシグネチャースニーカー“スタン スミス(Stan Smith)”を明るいカラーで再解釈したモデルも発売する。価格は、スイムウエアやアパレルが30〜200ドル(約4100〜2万7000円)、キッズは30〜120ドル(約4100〜1万6000円)、“スタン スミス”シューズは110ドル(約1万5000円)。

 多くのボディータイプやジェンダーを想定して手掛けているという今回の“アイビートピア”について「アイビーパーク」は、「“自分の中のニルバーナ(涅槃)”を探す旅のようなコレクション。パンデミックで孤立せざるを得なかった時期を脱した今、改めてつながりが重要となっている。私たちの無限の可能性を探求しながら、その過程も楽しむ。ビーチや山、都会のオアシスなど、どこにいても寄り添ってくれるアイテムをそろえた」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。