ファッション

ユニクロ「UT」が20周年 原宿でアーカイブ250柄を集めた展覧会を開催

 2003年にスタートしたユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」は、20周年を記念して「UT アーカイブプロジェクト」を開始した。過去に販売してきた商品から18柄を復刻し、7月4日に国内全店とECで発売(税込各1500円)。それに先駆けて、「ユニクロ原宿店」では1日から10日まで、アーカイブTシャツ約250枚を集めた展覧会を開催し、商品も先行販売する。公式サイト上でも4日から、「UT」アーカイブの“デジタル博物館”を公開する。

 「ユニクロ原宿店」で1日から行われる展覧会は、マンガ、ゲーム、音楽、映画、アートといったカテゴリーごとに、「UT」のアーカイブをオリジナルの発売年と共に展示している。「過去20年間で最低でも1万柄以上は出してきた」(広報担当者)中から厳選した約250枚だ。

 アート分野では、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、キース・ヘリング(Keith Hering)、ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)など、「UT」の前進である「ユニクロ T プロジェクト」時代から取り組むアーティストとの協業商品を展示しているほか、19年に発売して反響を呼んだカウズ(KAWS)、22年4月に「UT」の2代目クリエイティブ・ディレクターに就いた河村康輔らによるTシャツも展示。

 マンガでは、「天才バカボン」「金田一少年の事件簿」「ピンポン」、ゲームは「スーパーマリオ」「ストリートファイター」など、キャンバスとしてさまざまなカルチャーを伝えてきた「UT」ならではの、膨大なラインアップが楽しめる。

18柄以外も今後復刻予定

 4日から全店発売する18柄の復刻商品は、ウォーホル、ヘリング、バスキアや写真家の森山大道、現代アーティストのジュリアン・オピー(Julian Opie)、ゲームの「ロックマン」「パックマン」「ストリートファイター」など。「UT アーカイブプロジェクト」として、18柄以外にも今後復刻販売する考えがあるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら