ビジネス

横浜に“ウェルビーイング”を体現する「ウェスティンホテル横浜」が開業

 積水ハウスとマリオット・インターナショナルは、神奈川・横浜の再開発地区「みなとみらい21」区内に、ウエルネスをテーマとしたラグジュアリーホテル「ウェスティンホテル横浜」を6月13日に開業した。マリオット・インターナショナルのホテルブランド「ウェスティン」としては、国内10年ぶりの6軒目のホテルとなる。同社は「ホテル業界のウェルネス分野を牽引してきた『ウェスティン』ブランドのビジョンを完全に体現したホテル」と位置付ける。

 地上23階建てで客室は全373室。最上階に位置するロビーフロアに上がると、ホワイトティーの香りが広がり、大きな窓から横浜の街を一望できる開放的な空間が広がる。同フロアには、フレッシュグリーンがあしらわれたレセプションエリアのほか、夏頃オープンを予定するメインダイニング、アフタヌーンティーが楽しめるラウンジ、オリジナルカクテルを提供するバー、小規模なパーティーなどにも活用できる会議室兼ワークプレイスが併設されている。

 館内のインテリアデザインはGAデザイン インターナショナルが手掛けた。ロビーフロアの森林浴をイメージしたシャンデリアのほか、木陰のような影を生み出す照明、波の模様を描いた絨毯など、一貫して癒しを感じる自然のモチーフが多用されておりリゾート気分が味わえる。

 客室は広さ42平方メートルの「デラックス」から、84平方メートルの「エグゼクティブスイート」、210平方メートルの「プレジデンシャルスイート」までを用意。宿泊料金は1泊あたり3万2000円〜(2022年6月地点)。

 室内は自然から着想を得た曲線的なデザインの家具が配置された落ち着いた空間だ。全室大きな窓が配置され、日中は心地よい自然光が、夜は横浜の町の夜景が楽しめる。ベッドは、「ウェスティンホテル」がベッドメーカー「シモンズ(SIMMONS)」と独自に開発した“ヘブンリーベッド”で、国内で初めて導入されたもの。抜群な寝心地に加えて枕元にはラベンダーバームのアメニティが常備されており、快眠をサポートしてくれる。

 目玉は、1000平方メートルを超える総合ウエルネスフロアだ。サウナ付きの屋内温水プールや24時間営業のフィットネススタジオ、国内初となるブランド名を冠したスパ施設「ヘブンリー スパ バイ ウェスティン」を併設する。個室のシャワールームやバスタオルも常備されており、客室内と同様に快適に過ごせるような工夫がされている。

 また館内では環境配慮の取り組みとして、脱プラスチックを推進する。アメニティはバンブー素材の歯ブラシやコームなど。「地球のためにできること」と書かれたメッセージカードでは、アメニティやベッドシーツの交換の必要最低限の利用を呼びかける。また「ペットボトルゼロ」ポリシーを掲げ、飲料水はスウェーデン発の浄水システム「ノルダック」を活用して再利用が可能な瓶で提供する。これは国内のマリオットブランドのホテルでは初の試みだという。

 そのほかウエディング関連施設や地元食材を使ったレストランなどを併設し、「Sleep well(よく眠る)、Eat well(よく食べる)、Move well(よく動く)、Feel well(気分良く)、Work well(よく働く)、Play well(よく遊ぶ)」という包括的なアプローチで“ウェルビーイング(心身ともに満たされた状態)”を体験できるホテルとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら