ファッション

「ヨウジヤマモト プールオム」が東京でリアルショー “くそったれな人生”への反抗的テーラード

 「ヨウジヤマモト プールオム(YOHJI YAMAMOTO POUR HOMME)」が2023年春夏コレクションを東京で発表した。会場は青山本店の地下1階。バイヤーやメディア関係者、セレブリティーのほか、多くの顧客が集まった。スタッフはもちろん、客席も黒ずくめのスタイルが多数。熱気と興奮が入り混じる中、ショーが幕を開けた。

 ショーには昨シーズンに続き、豪華俳優陣がモデルとして登場した。遠藤憲一加藤雅也といったベテランをはじめ、伊藤英明、大沢たかお、要潤を起用した。年齢ともに深みを増す俳優たちが、コレクションの世界観を増幅させる。また若手から竜星涼城田優Snow Manラウールも起用。ラウールはパリコレ出演が念願だったといい、オーディションでこの機会を手に入れた。

 モデルたちは、肩をぶつけながら鋭い目つきでランウエイを歩く。無造作なヘアスタイルと泥が付いたようなメイクも相まって“ジプシー”を思わせる演出だ。ウエアは、同ブランドらしい色気のあるテーラードスタイル。コンパクトなシルエットから徐々にリラックス感が増し、色と柄のバリエーションが増えていく。リネン生地に複数のテキスタイルを貼ったセットアップは“ジプシー”を直球に表現したようなムードだが、パンツの身頃にプリーツを重ねてエレガントに昇華する。ジャケットは襟を二重にしたり、エポレットをランダムに付けたりしてディテールを盛った。山本耀司デザイナーの心境を表したメッセージも健在で、今シーズンは“心静かに”“十十無尽”“Shitty Life(くそったれな人生だ)”“I’m so bored with rules(ルールにはもう飽きた)”などの言葉を載せた。

 小物は、学生帽のようなキャップと、パールトップのネックレスやボタンチェーンといった華奢なアクセサリーが目立った。シューズ全体を巨大化し、ソールの一部をくりぬいたような「アディダス(ADIDAS)」とのコラボシューズも披露した。

 ショー開催に向けてブランドからは、インビテーションとともにトートバッグが送られていた。バッグには、山本デザイナーと親交の深い編集者・著述家の松岡正剛によるエッセイが載っていた。ショー当日、同氏はフロントローからコレクションを見ていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら