ファッション

「ヨウヘイ オオノ」が着物の反物を生かした一点物プロジェクトでポップアップを開催

 大野陽平が手掛けるファッションブランド「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」は6月23〜26日、収集している着物の古い反物を生かした一点物プロジェクト「3711プロジェクト(3711 Project)」のポップアップストアを、東京・北青山のGUM表参道で開く。同ポップアップストアは、2021年春に続いて2回目の開催。ビンテージの反物をドレスなど4型に仕立て、計40着を販売するほか、今回は加工によって再生したビンテージのアクセサリーライン「パイルカバード(PILE COVERED)」の商品も販売する。

 プロジェクト名の「3711」は、一般的な着物の反物が37センチ×11メートルという規格で作られていることに由来する。この制限の中で、ブランドらしい構築的なフォルムのドレスを製作。大野が「骨董市やアンティークストアで反物を手にしたとき、手の込んだ職人技術と表情の美しさに感銘を受けたと同時に、それらの反物が誰の目にも触れることなく、使われないままになっていることに疑問を感じた」(発表資料から)ことから、プロジェクト立ち上げに至ったという。

 価格はドレスが6万〜10万円、アクセサリーが1万2000〜1万5000円。ポップアップストア会期終了後、28日の正午からブランドの公式ECでも同プロジェクトの商品を販売する。

■YOHEI OHNO “3711 Project_Vol.2”
日程:6月23〜26日
時間:11〜19時(23日は13時〜、26日は〜18時)
会場:GUM表参道
住所:東京都港区北青山3-10-25

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら