ファッション

「ヨウヘイ オオノ」が着物の反物を生かした一点物プロジェクトでポップアップを開催

 大野陽平が手掛けるファッションブランド「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」は6月23〜26日、収集している着物の古い反物を生かした一点物プロジェクト「3711プロジェクト(3711 Project)」のポップアップストアを、東京・北青山のGUM表参道で開く。同ポップアップストアは、2021年春に続いて2回目の開催。ビンテージの反物をドレスなど4型に仕立て、計40着を販売するほか、今回は加工によって再生したビンテージのアクセサリーライン「パイルカバード(PILE COVERED)」の商品も販売する。

 プロジェクト名の「3711」は、一般的な着物の反物が37センチ×11メートルという規格で作られていることに由来する。この制限の中で、ブランドらしい構築的なフォルムのドレスを製作。大野が「骨董市やアンティークストアで反物を手にしたとき、手の込んだ職人技術と表情の美しさに感銘を受けたと同時に、それらの反物が誰の目にも触れることなく、使われないままになっていることに疑問を感じた」(発表資料から)ことから、プロジェクト立ち上げに至ったという。

 価格はドレスが6万〜10万円、アクセサリーが1万2000〜1万5000円。ポップアップストア会期終了後、28日の正午からブランドの公式ECでも同プロジェクトの商品を販売する。

■YOHEI OHNO “3711 Project_Vol.2”
日程:6月23〜26日
時間:11〜19時(23日は13時〜、26日は〜18時)
会場:GUM表参道
住所:東京都港区北青山3-10-25

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。