ビューティ

「シャネル」が理想化されたパリをイメージした新作香水発売 旅がテーマの“レ ゾードゥ シャネル”シリーズから

 「シャネル(CHANEL)」は旅をテーマに地名を冠したフレグランスシリーズ“レ ゾー ドゥ シャネル”の新作、“レ ゾー ドゥ シャネル パリ パリ オードゥ トワレット”を7月1日に発売する。価格は125mlで税込1万8700円。限定店舗で取り扱う。

 今作はタイムレスな魅力と活気に溢れる理想化されたパリをイメージ。ダマスクローズをメインにシトラス、ピンクペッパー、パチュリなどを用いてフレッシュで軽やかな香りに仕上げた。また、同じ香りの“パリ パリ ボディ ローション”(200ml、同7920円)も同日に発売する。

 そのほか、スコットランドの岩山や空気をイメージしたウッディな香りが特徴的な“パリ エディンバラ オー ドゥ トワレット”の50mlサイズ(同1万2100 円)や、既存の“パリ エディンバラ”“パリ リヴィエラ”にボディーローションが加わる(各200ml、同7920円