ビューティ

「WWDJAPAN 2022上半期ベストコスメ」 クレンジング・洗顔部門1位は「エスト」「デュオ」「スリー」など

 「WWDJAPAN 2022上半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア、ECで2022年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ総合1位は「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」の“アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル”。「ブランドを代表するアイテム。ファンが多く、リピートで人気を獲得」とバイヤーは語る。新製品1位は「エスト(EST)」の“クラリファイイング ジェル ウォッシュ”となった。「スキンケアに定評のあるブランドの新洗顔シリーズとして期待が高く支持された」と話す。

 バラエティー・ドラッグストア総合1位は「デュオ(DUO)」の“ザ クレンジングバーム ブラックリペア”で、「W洗顔不要で時短なのも人気の一つ」。新製品1位は「クレージュ(CLAYGE)」“クレンジングバーム ブラック”となった。バイヤーは、「クレンジングバームの中では、手に取りやすい価格で選ばれている」と話す。

 EC総合1位は「スリー(THREE)」の“バランシング クレンジング オイル R”。人気の理由についてバイヤーからは「しっとり滑らかな洗いあがりが好評」との意見。同率1位として、「カネボウ(KANEBO)」“カネボウ スクラビング マッド ウォッシュ”、「シユウ ウエムラ」“アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル”がランクイン。新製品1位は「メラノCC」“メラノCC ディープクリア酵素洗顔130g”だった。「メラノCC」は「大人気ブランドの洗顔ということで好調」との声。










PHOTO:HIROKI WATANABE
TEXT:MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら