ファッション

「ポロ ラルフ ローレン」のアイコン“ポロシャツ”のスタイルブックが発売 冨永愛と鈴木正文の着こなしは?

 「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」は、ブランドを象徴するアイテム“ポロシャツ”の誕生50周年を記念したスタイルブック「ラルフ ローレンズ ポロシャツ(RALPH LAUREN’S POLO SHIRT)」を4月27日に発売した。1972年の誕生以来、数多くのセレブリティーや著名人がポロシャツを着用し、文化的な影響を与えてきた歴史をたたえて、バラク・オバマ(Barack Obama)元米大統領や歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran)、俳優のトム・クルーズ(Thom Cruise)、モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)、レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)ら名だたる人物のスタイルを紹介する。日本からは冨永愛や鈴木正文、EXILE AKIRA、前澤友作らが出演する。全544ページ、税込5500円。

 発売を記念して、「ラルフ ローレン」銀座店でメディア向けの発表会を行い、スタイルブックにも出演する冨永愛と鈴木正文が登壇した。冨永はスリムフィットのポロシャツにスカートを合わせて「レディライクに仕上げてみました。マニッシュにもできるし、幅広く着こなせるのがポロシャツの魅力です」とコメント。鈴木は、マドラスチェックのダブルブレストジャケットに赤いポロシャツを合わせて、「普通は白だけど、(『ポロ ラルフ ローレン』のポロシャツは)カラバリも豊富だから、せっかくだし赤にしました。黒のニットタイもポイントです」と語った。「ポロ ラルフ ローレン」との出合いを聞かれると、冨永は「高校時代、制服の上に『ポロ ラルフ ローレン』のカーディガンを着るのが流行っていて、それが初めてかな。大きめのカーディガンにルーズソックスを合わせていましたね」と回答。鈴木は「僕も今日はルーズソックスですよ。Y2Kですね」としながら、「僕が初めて手に取ったのは76年。池袋の西武でダブルブレストのブレザーかポロシャツを買いました。会社が京橋で、池袋で乗り換えるのでよくお店に行っていました」と思い出を語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら