ファッション

「グッチ」がミヤシタパークでハリウッドグラマーの世界体感イベント 3つの見どころ&食べどころを大紹介

 「グッチ(GUCCI)」は4月23日、東京・渋谷のミヤシタパークで、2022年春夏に相当する「グッチ・ラブ・パレード」コレクションを体感できるイベントをスタートする。22日に報道陣に公開した。5月31日まで。「グッチ・ラブ・パレード」を発表したアメリカ・ロサンゼルスのハリウッドならではのグラマラスな魅力を「グッチ」らしく再解釈したイベントは、ミヤシタパークに構える「グッチ」の店舗と、同じ施設内に期間限定オープンするスニーカーの特設ストア「グッチ・スニーカー・ルーム」、そしてさらに同じ施設内のホテル「シークエンス ミヤシタパーク」4階のカフェ「ヴァリー・パーク・スタンド」の3カ所で展開する。

 「グッチ」の店舗は、通常のディスプレーを大幅に入れ替えた。店舗の外壁も「グッチ・ラブ・パレード」を象徴する星のモチーフに彩られ、圧倒的な存在感を放っている。1階は、5つのスペースに区分して往年のハリウッドスターの自由なスピリットや多様性を表現した「グッチ・ラブ・パレード」コレクションを世界観ごとにディスプレー。期間中は、日本未展開のサンプルもディスプレーして、「グッチ・ラブ・パレード」コレクションの世界観を余すことなく伝える。

 2階には、ショー会場となったハリウッド大通りにいるかのような写真を撮影できるブースのほか、撮影の待ち時間にスターが楽しんでいたようなビリヤードやダーツなどのレトロなゲームルームを設けた。ピンクの空間は、名女優のバックステージをイメージしたもの。「グッチ・ラブ・パレード」コレクションから、名女優にぴったりのボールガウンなどを展示するほか、発売したばかりの化粧下地“グッチ セラム ドゥ ボーテ フリュイド マティフィアン”までをディスプレーした「グッチ ビューティ(GUCCI BEAUTY)」にも注目だ。キオスクのようなスタンドでは、ロサンゼルスのムードを感じるポストカードや新聞をフリーで持ち帰ることができる。

 「グッチ・スニーカー・ルーム」には、アッパーにニットを採用した“グッチ ラン”のほか、日本で先行販売する商品を並べた。多彩なデザインのスニーカーは、「グッチ デコール」の椅子に座りながら試し履きできる。スニーカーに特化したショップは、ストリートカルチャーの発信地であるミヤシタパークにオマージュを捧げたものだ。

 「グッチ・カフェ バイ ヴァリー・パーク・スタンド」は、「グッチ」らしい折衷主義の空間にミヤシタパークの解放的なリラックス感が加わり、ハイパーミックスが加速したよう。ここで提供するのは、ハリウッドのイタリアンバルをイメージしたフード&ドリンク。ティラミスやGGモチーフのカフェラテから、サーモンをのせたオープンサンド、イタリアのスパークリングワインの「フランチャコルタ(FRANCIACORTA)」までを楽しむことができる。

 「グッチ」のクリエイティブ・ディレクターを務めるアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)は昨年11月、映画の制作会社でアシスタントとして働いていた母への愛、母が活躍していた頃のシネマ業界を思わせるグラマラスなレトロ&ノスタルジックなどを表現した「グッチ・ラブ・パレード」コレクションを、夜のハリウッドの目抜き通りを封鎖して発表している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら