ビューティ

お出かけ需要の高まりで“トータルメイク”が広がる 阪急うめだ本店化粧品21年11〜12月商況

有料会員限定記事

 阪急うめだ本店の化粧品売り場の11〜12月の商況は売上高が前年同期比20%増と好調に推移した。建て替えオープンの周年企画とクリスマスシーズンを掛け合わせた店舗限定品や、各ブランドのホリデーコレクションが売り上げをけん引。「コロナ禍で自分の香りを持つというスタイルが確立し、香りを軸にして商品を選ぶ買い方が定着している」(藤尾瑞子・阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 ビューティー営業統括部 化粧品商品部マーチャンダイザー)ことから、“香りをまとう”延長線として、ハンドクリームやボディーローション、シャワージェルなどが支持を集め、フレグランスのエントリーにつながっているという。中でも「イソップ」「サボン」「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(以下、ビュリー)」などライフスタイルに寄り添うブランドに人気が集中。「『ビュリー』は、マスク用のアロマシールやカーフレグランスといった生活シーンを想定した商品提案もある。香りの提案の幅が広いブランドの存在感が高まってきている」と話す。(この記事は「WWDJAPAN」2022年2月28日号付録の定期購読者特典「ビジネスリポート」からの抜粋です。「ビジネスリポート」にはより詳しい情報も掲載しています)

 外出機会の増加でメイクアップカテゴリーも復調し始めている。「マスク生活を受け入れつつメイクを“しない”という選択が少なくなってきた。特に若年層はトータルメイクを楽しんでおり、メイクの単品が動いた。アイメイクがメインではあるが、リップやチークも売れている」。また、「エルメス」や「シャネル」など外資系ブランドの華やかなムードや、限定色や豪華なコフレがそろうホリデーコレクションが高揚感を盛り上げた。「自分用に楽しむのはもちろんのこと、アドベントカレンダーやミニサイズがそろうキットは、小分けしてプレゼントする動きも。通常サイズは金額が大きい分気を使うが、ミニサイズなら気軽に渡せると人気だった」。

この続きを読むには…
残り972⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら