ビジネス

アルペン、新宿の巨大旗艦店を公開 10層にスポーツ用品35万点以上

 スポーツ専門店のアルペンは30日、東京・新宿に4月1日開店する同社最大の旗艦店「アルペン トーキョー(ALPEN TOKYO)」を関係者に公開した。新宿駅東口から徒歩1分のヤマダ電機跡地に、地上8階・地下2階の10フロア・延べ床面積1万2279平方メートルの規模で入る。約35万点のスポーツ用品を並べる。主要3業態「スポーツデポ」「アルペン アウトドアーズ」「ゴルフファイブ」がそれぞれ旗艦店を設けた。

 特徴は広い売り場を生かした圧倒的な品ぞろえだ。人気のキャップ用品は、小型から大型までのテントを350品番以上も取りそろえ、設営を試せる。ランニングシューズは500品番・7500点以上を用意しており、初心者から上級者まであらゆるランナーに対応。ゴルフ用品は試打クラブを2000本以上並べるともに、試打室を4種類・8カ所も設けて、最新鋭の設備でシミュレーションできる。アウトドア、ゴルフ、ランニング、テニスなど各競技の売り場には、同社の全国の店舗からエース販売員を招へいした。野球では元プロ選手がコンサルティング販売を行う。

 同社はこれまで郊外の幹線道路沿いや広域型ショッピングセンター(RSC)を主戦場にしてきた。都心の駅前立地は新しい試みになる。30日に会見した水野敦之社長は「都心は当社のシェアが低いからこそポテンシャルがある。多くの新しいお客さまと出会えるチャンスになる」と話した。売上高の目標などは非公表だが、面積から見れば日本最大級になることが予想される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら