ファッション

「シュガーヒル」が東コレで初のショー 大舞台でも気負わないリアルクローズ

 林陸也デザイナーが手掛ける「シュガーヒル(SUGARHILL)」は19日、「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」で2022-23年秋冬コレクションをショー形式で披露した。同ブランドがショーを行うのは初めてで、ファッションコンペ「東京ファッションアワード 2022(TOKYO FASHION AWARD 2022)」の受賞で実現した。
 
 林デザイナーは1994年生まれ。文化学園大学やここのがっこう、ニューヨークファッション工科大学(FIT)を経て、武蔵野美術大学在学中の2016年に「シュガーヒル」を設立した。現在、ビームスやヌビアンなど約25アカウントで扱われている。

 会場は、東コレのメイン会場である渋谷ヒカリエのイベントスペース。中央にバンドセットを置き、その周りを椅子で囲んで円型のランウエイを作った。「来場した全員が同じ目線で楽しめるショーにしたくて、ステージではなく平場にした」と林デザイナーは語る。日本のロックバンド、踊ってばかりの国が登場すると、ギター&ヴォーカルの下津光史のやさしい歌声と、繊細な演奏でショーが始まった。

気負わない、いつもの「シュガーヒル」
「ブランドをプロモートするショーに」

 ファーストルックは、ブランド定番のデニムジャケットとパンツのセットアップ。リジットの生地とジャストなサイズ感、タックなどのディテールが上品な雰囲気だ。その後もMA-1やトレンチコート、ウエスタンシャツ、つなぎなど、ブランドの強みであるワークとミリタリーを軸としたリアルクローズを打ち出す。フリンジが目を引くムートンコートや、麻ひもが垂れたダッフルコートは、実は過去シーズンのキーアイテム。「半年だけで終わらず、ずっと着られる服を目指してクリエイションと向き合っている。ショーでもそのスタンスを示したかった」。英国のレザーブランド「ショット(SCHOTT)」のライダースジャケットにはフリンジを付け、コレクションピースとして披露した。

 “日本発のブランド”だと発信するため、モデルはアジア人だけに絞った。「多様性がないと突っ込まれるかもしれないけど、僕らのアイデンティティを強みにしたかった。初めてのショーだからこそ、消費されるのではなく、ブランドをしっかりプロモートするものになったらうれしい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら