ビジネス

「ダイソー」が銀座に初出店 4月に3業態同時オープン

 大創産業は7日、東京・銀座の商業施設「マロニエゲート銀座2」に100円ショップ「ダイソー(DAISO)」を含めた3業態を4月15日に開くと発表した。同社は創業50年にして銀座エリア初出店。先日ワークマンが初の銀座店を4月28日に開くと発表しており、銀座での低価格ショップの進出が相次ぐことになる。

 100円ショップ「ダイソー」(売り場面積1044平方メートル)、300円ショップ「スタンダードプロダクツ バイ ダイソー(STANDARD PRODUCTS BY DAISO)」(432平方メートル)および「スリーピー(THREEPPY)」(169平方メートル)の3業態のグローバル旗艦店を同時にオープンする。場所はマロニエゲート銀座2の6階。同商業施設では「ニトリ」が5・6階にあった銀座店を1月10日に閉鎖ししているが、この跡地の1フロアに進出する。同じビルの1〜4階では「ユニクロ」がグローバル旗艦店「ユニクロトウキョウ」を営業している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら