ビューティ

クラランス創業一族がクリーンビューティブランド「イリア」を買収

 仏ビューティブランド「クラランス(CLARINS)」を創業したクルタン・クラランス(Courtin-Clarins)一族が所有するホールディングス会社、ファミーユC(FAMILLE C)がロサンゼルスを拠点にするクリーンビューティブランド「イリア(ILIA)」を買収する。買収額は非公表。ファミーユCは「クラランス」も傘下に持ち、ほかにもオーガニックビューティブランド「パイ スキンケア(PAI SKINCARE)」やヘルスケア企業のソフィア ジェネティックス(SOPHIA GENETICS)などにも出資している。

 2011年にカナダ・バンクーバーで創業した「イリア」は、今最も勢いがあるクリーンビューティブランドの一つだ。昨年は米「WWD」の「ビューティ インク(BEAUTY INC)」による新ブランド賞を受賞。トレンドになる前からクリーンビューティを掲げ、敏感肌でも使える優しい処方を特徴とする。中でも人気製品は美容液ファンデーション“スーパー セラム スキン ティント”で、19年の発売以来100万本を売り上げた。同製品がけん引し、ブランド全体の売り上げは19年の3000万ドル(約34億円)から21年は1億ドル(約115億円)と3倍以上になった。ECサイトが売り上げの半分を占めており、卸はセフォラ(SEPHORA)やクリード(CREDO)、イギリスのスペースNK(SPACE NK)、オーストラリアのメッカ(MECCA)などに絞っている。リピート率が高い顧客を育てて成長し、12カ月以内に7割の消費者がリピート購入するという。なお、18年末にサイラス キャピタル(SILAS CAPITAL)、20年1月にサンドブリッジ キャピタルらから資金調達を行った。

 調査会社のブランドエッセンス マーケット リサーチ(BRANDESSENCE MARKET RESEARCH)によると、世界のクリーンビューティ市場の20年の売り上げは54億4000万ドル(約6256億円)だった。毎年平均12.07%伸長し、27年には115億6000万ドル(約1兆3294億円)になると予測する。ファミーユCは「イリア」の買収により、年々伸び続けるクリーンビューティ市場に進出することになる。「クラランス」も自然由来の成分を多く用い、現在製品の85%がナチュラルな処方を採用している。「イリア」同様に、創業当時から環境に配慮した経営を貫いてきた。ジョナサン・ズリエン(Jonathan Zrihen)=クラランス グループ(GROUPE CLARINS)社長兼CEOは「イリア」について「未来のためのサステナブルなビューティを育てるというクルタン・クラランス一族のミッションにマッチする」とコメントした。

 ファミーユCの傘下で、「イリア」は今後さらなるグローバル展開を目指す。152の現地法人を持つクラランスのインターナショナルなネットワークを活用する狙いだ。プリスカ・クルタン・クラランス(Prisca Courtin Clarins)=ファミーユC副最高経営責任者は「『イリア』をクリーンカラーコスメの世界的リーダーに育てする。大きなポテンシャルを見出しており、25年までにブランド価値を3倍にしたい」と話す。また、今後スキンケアといった新カテゴリーの発売も視野に入れる。

 「イリア」の買収は今年の上半期中に完了する予定で、ファミーユCが過半数株式を、クラランスやサーシャ・プラヴシック(Sasha Plavsic)創業者、リンダ・バーコウィッツ(Lynda Berkowitz)CEOはそれぞれ少数株式を保有する。なお、プラヴスキック創業者とバーコウィッツCEOは現職を続ける。

 ファミーユCはビューティブランドやデジタルツールに出資をするベンチャーキャピタルに加え、フランスのユニコーン企業、ミラクル マーケットプレイス(MIRAKL MARKETPLACE)などにも出資している投資事業、フランスのカルチャーに投資する事業など、さまざまなビジネスを展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら