ビューティ

コスメブランド「ソポ」がファミリーマートで売り上げ100万個達成!

 国内最大級の化粧品ECノインを運営するノイン(東京都、渡部賢社長)がプロデュースするコスメブランド「ソポ(SOPO)」が、ファミリーマートで売り上げ100万個を達成した。

 「ソポ」は2020年11月10日に発売。現在、全国のファミリーマート約1万6600店舗で販売する。「SNSなどで取り上げられ、10〜40代の幅広い層に支持されている」という。コロナ禍ではマスク生活を意識し、アイメイクに特化したカラーマスカラやリキッドライナー、マスクに付きにくいファンデーション、手元が華やぐネイルポリッシュなどを販売した。

 さらにノインは、「従来のコンビニコスメは“緊急需要”に応えるものが多かったが、『ソポ』はあくまでファッション的トレンドを意識し、カラーバリエーションも豊富にしている」とヒットの要因について話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら