ファッション

「ミナ ペルホネン」と土屋鞄製造所が2023年用のランドセルを発売

 土屋鞄製造所は、ランドセルの“アトリエシリーズ”から「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)と協業した2023年用の新作を発売する。受注受付は3月2日から土屋鞄製造所の全国直営店と公式オンラインストア、ランドセル出張店舗で開始する。

 “アトリエシリーズ”は、土屋鞄製造所の「子どもたちの感性をはぐくみたい」という思いから生まれたもの。アーティストとタッグを組んで、内装の絵柄を毎年変えて新作を発表している。

 2023年用の内装には、「ミナ ペルホネン」がオリジナルで描き下ろしたチョウや花々、空想の動物の絵柄を施した。それぞれのパターンに3色をそろえた計9種類を用意し、価格やサイズなどの詳細は2月2日に特設サイトで公開する。

 親子で楽しめるように、コラボランドセルの絵柄を用いた大人向けのトートバッグ(税込1万7600円)やロールペンケース(同1万9800円)、3点セットのポーチ(同2万8600円)も製作した。いずれも数量限定で、3月2日に土屋鞄製造所のECサイトで販売する。

 さらに、子ども向けのワークショップを2月7〜20日の期間限定で開催する。会場では、土屋鞄製造所の余り革や「ミナ ペルホネン」のテキスタイルの端切れを使用し、サコッシュを作ることが可能だ。予約は特設サイトで受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら