ファッション

「グリーンレーベル」がランドセルを発売 老舗メーカーと協業

 「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS GREEN LABEL RELAXING以下、GLR)」は、1950年創業の老舗「ランドセル工房 生田」と協業し、ランドセルを発売する。3月上旬に「GLR」一部店舗などで展示会と予約受付を開始し、9月以降に順次発送する。

 カラーはローズ、キャメル、ブラックの3色で、各50点を販売する。価格は税込6万9960円。内側は、オケージョンアイテムで人気のブラックウォッチを採用した。オリジナルデザインの鋲(びょう)や時間割、名前カードを取り入れたほか、ブランドネーム入り内袋を付属する。

 ランドセルの企画は、卒園式や入学式の日用に「GLR」キッズのオケージョンウエアの需要が高まっていることから開発に至ったという。「ランドセル工房 生田」は、牛革の裁断面を滑らかに美しく仕上げる“コバ塗り”などの希少な技術を持ち、自社工房で年間5000本のランドセルを一貫生産している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら