ファッション

「エミリー、パリへ行く」シーズン2のファッションを米「WWD」が辛口評価 着用アイテムの検索数は急増

 ネットフリックス(NETFLIX)は、ドラマ「エミリー、パリへ行く(Emily in Paris)」のシーズン2を12月22日から配信している。「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)」を手掛けたダーレン・スター(Darren Star)監督とスタイリストのパトリシア・フィールド(Patricia Field)が再びタッグを組んだシーズン1はファッション的に多くの議論を巻き起こしたが、シーズン2でも同ドラマのファッションは引き続き注目の的のようだ。

 ファッションECのポータルサイト、「ショップスタイル(ShopStyle)」によれば、同ドラマのキャラクターが着用したアイテムの検索数がシーズン2配信開始から24時間もしないうちに急上昇したという。

 同サイトによれば、例えばリリー・コリンズ(Lily Collins)演じるエミリー・クーパー(Emily Cooper)が着用したベレー帽をキーワードにした検索数は配信前と比較して43%増えたという。マリンボーダーのニット、ギンガムチェックのテイラードジャケットとバケットハットはそれぞれ42%増。赤いドレスの検索数は41%増え、ニーハイブーツは37%増えた。また、エミリーが劇中で頻繁に着用しているブランド「ディオール(DIOR)」のインターネットの検索数は40%増えた。

 シーズン2ではマリリン・フィトゥシ(Marylin Fitoussi)が衣装を手掛け、パトリシア・フィールドは衣装コンサルトとして関わっているが、引き続きプリントと色を多用したエミリーのファッションは健在だ。特にヘッドピースは、エミリーのシグニチャーアイテムとしてイエローのベレー帽、白と黒のバケットハット、チェックのバケットハット、ヘッドスカーフ、カチューシャなどあらゆる形で登場。大きなサングラスや全身単色コーデ、グローブもエミリーのお気に入りのファッションのようだ。ここでは米「WWD」による、ウィットと皮肉に富んだエミリーのシーズン2のファッション評を紹介する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。