ファッション

「エミリー、パリへ行く」シーズン2のファッションを米「WWD」が辛口評価 着用アイテムの検索数は急増

 ネットフリックス(NETFLIX)は、ドラマ「エミリー、パリへ行く(Emily in Paris)」のシーズン2を12月22日から配信している。「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and the City)」を手掛けたダーレン・スター(Darren Star)監督とスタイリストのパトリシア・フィールド(Patricia Field)が再びタッグを組んだシーズン1はファッション的に多くの議論を巻き起こしたが、シーズン2でも同ドラマのファッションは引き続き注目の的のようだ。

 ファッションECのポータルサイト、「ショップスタイル(ShopStyle)」によれば、同ドラマのキャラクターが着用したアイテムの検索数がシーズン2配信開始から24時間もしないうちに急上昇したという。

 同サイトによれば、例えばリリー・コリンズ(Lily Collins)演じるエミリー・クーパー(Emily Cooper)が着用したベレー帽をキーワードにした検索数は配信前と比較して43%増えたという。マリンボーダーのニット、ギンガムチェックのテイラードジャケットとバケットハットはそれぞれ42%増。赤いドレスの検索数は41%増え、ニーハイブーツは37%増えた。また、エミリーが劇中で頻繁に着用しているブランド「ディオール(DIOR)」のインターネットの検索数は40%増えた。

 シーズン2ではマリリン・フィトゥシ(Marylin Fitoussi)が衣装を手掛け、パトリシア・フィールドは衣装コンサルトとして関わっているが、引き続きプリントと色を多用したエミリーのファッションは健在だ。特にヘッドピースは、エミリーのシグニチャーアイテムとしてイエローのベレー帽、白と黒のバケットハット、チェックのバケットハット、ヘッドスカーフ、カチューシャなどあらゆる形で登場。大きなサングラスや全身単色コーデ、グローブもエミリーのお気に入りのファッションのようだ。ここでは米「WWD」による、ウィットと皮肉に富んだエミリーのシーズン2のファッション評を紹介する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら