ファッション

集英社の少女まんが誌「りぼん」がオンラインショップ開設 藤井みほなの「GALS!」ともコラボ

 集英社が1955年から発行する少女まんが誌「りぼん」は12月3日、オンラインショップ「りぼんのおみせ」をオープンした。2020年3月に東京・原宿で実施したポップアップストアの第2弾という位置づけで、今回はオンラインのみでの展開。同誌のロゴフォントを生かしたグッズと共に、同誌で00年前後に連載していた藤井みほなによる「GALS!」、同じく00年代に連載していた槙ようこによる「愛してるぜベイベ★★」とのコラボレーション商品も販売する。

 「雑誌の長い歴史の中で、たくさんの“りぼんっ子”たちがこの雑誌を支えてくれている。(現在の読者である)小中学生だけでなく、大人の“りぼんっ子”たちのために何かしたいという気持ちで、『りぼんのおみせ』は始まった」と、同誌の相田聡一編集長はコメント。昨年のポップアップストアで、「原宿だけでなく、全国で商品が買えるようにしてほしい」という声がSNSに集まったことから、今回はオンラインショップでの開催にしたという。

 販売する商品は、大人になった“りぼんっ子”の日常になじむデザインを意識した。分かりやすいロゴ入りTシャツやマスクなどもそろうが、まんがの登場人物が実際に身につけていそうなヒョウ柄のスカーフや、足の裏の部分にメッセージを入れたソックスなどもあって、ファン心をくすぐる。「読者であればあるほど、作品のファンであればあるほど、理解することができるデザイン」だ。

 価格はロゴ入りTシャツで8580円(税込)、ソックス3300円、マグカップ2530円など。親子のリンクコーデが楽しめるよう、キッズアイテムも作った。オンラインショップは期間限定の予定だが、反応を見て継続も予定している。ショップを実際に手掛けているのは、ブランディング支援などを手がけるスパイスボックス。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら