ファッション

ZOZO 610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^  Vol.4 一言でいうと前澤さんは天才でした

有料会員限定記事

 座右の銘は「鳴かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、出店ブランドの営業部門を統括する武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

前号から続く)
 入社後は何でもやりました。朝会社に行くと、前日の注文がたまっているので、全員で伝票を出して、商品を棚からピックアップして、ダンボールに詰めて発送伝票を貼って昼前に発送。同時に次の商品の入荷があるので、ダンボールを開けて、検品して、トルソーに着せて、写真を撮って。それで夕方になっていました。

 前澤(友作)さんは夕方くらいからずっとシステムを作っていましたね。音楽チームは、洋服の仕事が終わったら自分たちの持ち場に戻って、レコードやCDのカタログ通販の対応をしていました。電話がかかってくるので、それに対応しながらオススメもするんです。接客していた2人は本当にマニアックな知識を持っていて、その技はとても真似できないものでした。ですからレコードやCDもそれなりに売れていたんです。ただ利幅は少ない。

 一方で洋服はめちゃくちゃ売れていました。理由は単純です。ニーズに対して供給がなかったからです。ネット上で公式に「デビロック」とか「エクストララージ」を売っているサイトがなかったわけですから。しかも、すごく買いやすいシステムだったと思います。今とそんなに変わらない基盤でやっていましたし、写真の撮り方も含めて、どうやったらお客さんが買ってくれるだろうと、ちゃんとお客さんのほうを向いてサイトを作っていました。そして、ただ本当に好きな服を好きなだけ仕入れるみたいな。

この続きを読むには…
残り974⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら