ファッション

「ベストジーニスト2021」にキンプリ永瀬廉や東野幸治ら

 日本ジーンズ協議会は「ベストジーニスト2021」を発表し、King & Princeの永瀬廉、俳優の新木優子、芸人の東野幸治、声優の林原めぐみ、東京オリンピックのスケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗を選出した。また“脱スーツ・デー”を設け、ジーンズやスニーカーでの勤務を推奨したとして「特別貢献賞」に伊藤忠商事を選び、授賞式には石井敬太社長COOが登壇した。

 永瀬は「ジャニーズ事務所の先輩方も受賞した名誉ある賞で、学生時代からの憧れだった。時に1日3回はき替えるジーンズ好きとして感激だ!」と話し、東野は「54歳になり、自分自身“おしゃれを休んでしまっているんじゃないか?”と、この春からYouTubeでファッションに特化した企画『東野デニム』を始めた。ジーンズに合う靴やインナーも買うようになり、少しはおしゃれ度が向上したのではないかと思う(笑)。これを機にいっそう50代のファッションを探求したいし、同世代の後押しにもなれば」と述べた。

 「ベストジーニスト」は1984年にスタート。日本ジーンズ協議会が、“最もジーンズが似合う有名人”を決定するもの。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。