ファッション

「エルメス」が新宿伊勢丹に世界初の“デュアルユニバース”店舗をオープン 売り場面積は4割増

 「エルメス(HERMES)」は11月23日、伊勢丹新宿本店の本館1階にあるブティックを半年間の改装を経てリニューアルオープンした。1995年にオープンしたブティックは、2014年に一度改装。今回は売り場面積を約40%増床し、「エルメス」にとって世界で初めての“デュアルユニバース”型店舗となった。設計は、パリのRDAI(レナ・デュマ・アルシテクチュール・ダ ンテリユール社)が手がけた。

 “デュアルユニバース”とは、大勢の買い物客に対応する空間と、上顧客らが望む親密な接客・サービスの双方を叶える空間の共存を意味する。シルクスカーフや化粧品などを販売する空間は、門構えを廃して開放的。一方、ウィメンズ&メンズのプレタポルテやレザーグッズ、ウオッチ&ジュエリーの売り場に通じるエントランスには、美濃焼のタイルを配したファサード(玄関)を設けた。内装も、前者の空間はネオンピンクのロゴサインやペールピンクの壁面、曲線的な天井など軽やかなのに対して、プレタポルテやレザーグッズの売り場は直線的でクラシカル。2つの異なる世界は、縦横無尽に行き来できる。

 エルメスジャポンの有賀昌男社長は、「今だからこそ、ブランドとして進化する必要がある。コロナでも、未来への投資は止めない」と大阪心斎橋、丸の内、表参道に続くブティックの改装に込めた思いを吐露。「フランスのデザインチームは、自宅待機の中でクリエイションにエネルギーを注ぎ、商品の進化が止まらない。その真価に合わせて、新しい空間で、ワクワクを届けたい。世界で戦える最高の店を作りたい」と続けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら