ビューティ

10月のヒットランキング「フレグランス」TOP5 阪急うめだ本店編

有料会員限定記事

 夏から、販売が好調の「フレグランス」。性別を問わず、おうち時間を充実させるルームフレグランス需要が高いという。今回は「阪急うめだ本店」にフレグランスの売り上げトップ5を聞いた。(期間:2021年10月1~31日)

【阪急うめだ本店「フレグランス」売り上げTOP5】
1位「メゾン マルジェラ フレグランス(MAISON MARGIELA FRAGRANCES)」
“レプリカ オードトワレ レイジーサンデーモーニング”(10mL/税込3850円、30mL/税込8800円、100mL/税込1万7600円)
2位「シロ(SHIRO)」
“サボン オードパルファン”(40mL、税込4180円)
3位「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」
“イングリッシュ ペアー & フリージア コロン”(30mL/税込8800円、 50mL/税込1万2980円、100mL/1万8150円)
4位「ジルスチュアート ビューティ(JILL STUART BEAUTY)」
“オード ホワイトフローラル”(50mL、税込4180円)
5位「ル ラボ(LE LABO)」“ANOTHER13”(15mL/税込1万450円、50mL/2万3650円、100mL/税込3万4650円)

この続きを読むには…
残り883⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら