ビューティ

10月のヒットランキング「フレグランス」TOP5 阪急うめだ本店編

有料会員限定記事

 夏から、販売が好調の「フレグランス」。性別を問わず、おうち時間を充実させるルームフレグランス需要が高いという。今回は「阪急うめだ本店」にフレグランスの売り上げトップ5を聞いた。(期間:2021年10月1~31日)

【阪急うめだ本店「フレグランス」売り上げTOP5】
1位「メゾン マルジェラ フレグランス(MAISON MARGIELA FRAGRANCES)」
“レプリカ オードトワレ レイジーサンデーモーニング”(10mL/税込3850円、30mL/税込8800円、100mL/税込1万7600円)
2位「シロ(SHIRO)」
“サボン オードパルファン”(40mL、税込4180円)
3位「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」
“イングリッシュ ペアー & フリージア コロン”(30mL/税込8800円、 50mL/税込1万2980円、100mL/1万8150円)
4位「ジルスチュアート ビューティ(JILL STUART BEAUTY)」
“オード ホワイトフローラル”(50mL、税込4180円)
5位「ル ラボ(LE LABO)」“ANOTHER13”(15mL/税込1万450円、50mL/2万3650円、100mL/税込3万4650円)

この続きを読むには…
残り883⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら