ビューティ

「ディプティック」が世界最大級の店舗を表参道にオープン

 パリ発フレグランスブランドの「ディプティック(DIPTYQUE)」は11月20日、世界最大級の新店舗となるディプティック表参道店を東京・表参道のジャイル(GYRE)1階にオープンする。

 東京10店舗目となる新店舗は、パリのインテリアと日本の建築様式を融合し、カラフルで華やかな世界を表現した。典型的なフランスのアパルトマンにある大きな暖炉、グランドピアノ、バスタブなどを備え、クロムメッキを施したインテリアや彩色されたラックも配置した。

 また、オープンを記念して、ジャイル内のレストラン「ボネラン(BONELAN)」とコラボレーションを実施。「ディプティック」のデコレーションアイテムを使用し、11月20日〜12月30日の期間限定で、1日限定20食のオリジナルメニュー(ランチとディナー、税込5500円)を提供する。メニューは肉料理、魚料理、野菜料理から選ぶことが可能だ。

 さらに、ホリデーシーズンに向けたデコレーションアイテムを公式オンラインストアで11月19日に、店舗では表参道店限定で11月20日に発売。キャンドルアクセサリーやオブジェ、テーブルアイテムなどを中心に豊富なアイテムを用意する。

■ ディプティック 表参道店
オープン日:11月20日
時間:11:00〜21:00
住所:東京都渋谷区 神宮前5-10-1 GYRE 1F

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら