ファッション

Kokiや大政絢が「セリーヌ」銀座店のリニューアルを祝福

 「セリーヌ(CELINE)」は、東京・銀座のギンザシックス内の店舗を11月6日にリニューアルオープンした。1階と2階のフロアには、エディ・スリマン(Hedi Slimane)アーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターがセレクトしたアートピースや、ウッドやレザーのルースファニチャーなどを設置する。

 リニューアルを記念して、限定商品や2022年春コレクションの一部先行販売を行う。限定商品は、犬のグラフィックが付いたセーター(税込13万4000円)や、ジョギングパンツ(同10万4500円)、フーディー(同9万5700円)のほか、ブラウス(同22万5500円)、ドレス(同31万3500円)などを用意する。先行販売商品は、カーディガン(同17万6000円)やアスレチックスエット(同13万7500円)、ジョギングパンツ(同10万4500円)などをそろえる。

 5日の関係者プレビューには、Kokiや大政絢、大平修蔵、松島花らが会場の雰囲気を楽しんだ。

■「セリーヌ」銀座店
オープン日:11月6日
場所:GINZA SIX セリーヌ銀座
住所:中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら