ファッション

「セリーヌ オム」が新作スニーカー 2021-22年秋冬のスポーティーなカプセルコレクションも発売

 「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」は、新作のスニーカー“CT-03”とカプセルコレクション“モノクローム”を5月14日に発売する。どちらも「セリーヌ オム」を販売する全店舗で取り扱う。

 スニーカー“CT-03”は1980~90年代をイメージしたハイカットシューズで、足首にストラップを巻き付けたようなデザインが特徴的だ。正面の2カ所とかかとにはロゴを配した。同アイテムは2021年春夏コレクションで初登場した“セリーヌ トレーナー(CELINE TRAINER)”の3型目だ。価格は税込10万4500円で、ホワイトとオレンジの2色を用意する。

 同日発売のカプセルコレクション“モノクローム”は、ロゴを多用したスポーティーなアイテムが中心。ジャケット(同30万2500円)やブルゾン(同22万5500円)、フード付きジャケット(同18万7000円)、セーター(同15万9500円)、ジップパーカー(同10万100円)、フーディー(同8万9100円~)、Tシャツ(同5万1700円~)、ジョギングパンツ(同7万9200円~)、バケットハット(同5万1700円)、キャップ(同4万5100円~)、バンドゥー(同3万4100円)、バンドバイザー(同4万9500円)、ソックス(同1万3200円)を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら