ファッション

「セリーヌ オム」が新作スニーカー 2021-22年秋冬のスポーティーなカプセルコレクションも発売

 「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」は、新作のスニーカー“CT-03”とカプセルコレクション“モノクローム”を5月14日に発売する。どちらも「セリーヌ オム」を販売する全店舗で取り扱う。

 スニーカー“CT-03”は1980~90年代をイメージしたハイカットシューズで、足首にストラップを巻き付けたようなデザインが特徴的だ。正面の2カ所とかかとにはロゴを配した。同アイテムは2021年春夏コレクションで初登場した“セリーヌ トレーナー(CELINE TRAINER)”の3型目だ。価格は税込10万4500円で、ホワイトとオレンジの2色を用意する。

 同日発売のカプセルコレクション“モノクローム”は、ロゴを多用したスポーティーなアイテムが中心。ジャケット(同30万2500円)やブルゾン(同22万5500円)、フード付きジャケット(同18万7000円)、セーター(同15万9500円)、ジップパーカー(同10万100円)、フーディー(同8万9100円~)、Tシャツ(同5万1700円~)、ジョギングパンツ(同7万9200円~)、バケットハット(同5万1700円)、キャップ(同4万5100円~)、バンドゥー(同3万4100円)、バンドバイザー(同4万9500円)、ソックス(同1万3200円)を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら