ビューティ

「シャネル」から初のパーソナライズドマスカラが登場 3Dプリンターで製作したブラシ

 「シャネル(CHANEL)」は10月29日~2022年12月31日、ブランド初のパーソナライズドマスカラ“アイ ドゥ シャネル”を提供する「EYE EXPRESS YOUR EGO」サービスを提供する。3Dプリンターで製作した10種のブラシと、レギュラー・ウオータープルーフの2種のフォーミュラから自分だけの組み合わせを選ぶことができ、価格は1本税込6930円だ。展開店舗は直営4店舗(ギンザ シックス、ニュウマン新宿、ルミネ有楽町店、ルミネ横浜店)および阪急うめだ3階(2021年11月5日~12月31日)。

 同サービスのために新しく開発した3DプリントブラシはN°1からN°10までの全10種を用意し、形状は大きく4タイプに分けられ、まつ毛にそれぞれ異なるエフェクトを加える。両端が細くなっているオーバルタイプ(N°1、9、10)は短めの毛足がまつ毛をセパレートしながらボリュームをプラス。ストレートタイプ(N°2、3)は、目の形やまつ毛の長さを問わず、使いやすいコンパクトな形状だ。砂時計タイプ(N°4、5)は隆起した両端がきわのまつ毛まで一度でとらえて長さを出しながら、中央のくぼみ部分でしっかりとボリュームアップする。カーブタイプ(N°6、7、8)はしっかりと目のカーブに沿い、一度でまつ毛の1本1本をキャッチしボリューム&カールアップできるデザインになっている。それぞれのタイプで大中小、もしくは大小サイズをご用意し、あらゆる目もとにフィットする1本を作ることが可能だ。

 マスカラは「シャネル」店舗のビューティ アドバイザーとマンツーマンでコンサルテーションを行いながら、最初にiPhoneアプリで来店時の目もとの写真撮影を行い(希望しない場合は不要)、アプリを使用して仕上がりやフォーミュラなど、6つの質問に答えていく。診断結果をもとに、2つのブラシを提案する。そこから2種のブラシを使って、マスカラを左右のまつ毛にそれぞれ塗布し、再び写真撮影をする。アプリ上で目もとの写真を比較しながら、好みのまつ毛をかなえるマスカラを選ぶシステムだ。完成したマスカラは、特別なミラー付きケースにセットして提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。