ビューティ

ラクトバチルス乳酸菌配合のデリケートゾーンケアブランド「エストール」がデビュー

 医療施設・東京ミッドタウンクリニックの運営などを行うアドバンスト・メディカル・ケアは、セルフケア※ブランド「エストール(EST’RE)」を立ち上げ、10 月 20 日、アイテム第一弾としてデリケートゾーンケアシリーズを発売する。婦人科学発想により、洗浄料や膣内挿入型のインナージェル など全4アイテムをラインアップする。ブランド名の「エストール」は、“estrogen(エストロゲン)”と“re(繰り返す)”を組み合わせた造語で、女性の生涯で何度も刻まれるリズムのように寄り添い続けるブランド、という意味が込められている。

 子宮や膣内に存在する菌の環境(フローラ)は、健康や妊娠率、かゆみなどにも関連するといわれる。「エストール」は膣内フローラに着目し、膣の善玉菌であるラクトバチルス乳酸菌をデリケートゾーンケアの全製品に配合。 女性の体のリズムにアプローチし、本来のポテンシャルを引き出すデリケートゾーンケアを目指す。着色料、合成香料、防腐剤(パラベン) 、アルコール(エタノール)、鉱物油、石油系界面活性剤は無添加で、加齢とともに薄く敏感になるデリケートゾーンの肌を健やかに整える。

 ブランド監修は産婦人科専門医の吉形玲美が行い、ブランディン グパートナーには、コンサルティング事業部を主軸にアパレルと飲食の事業を手掛ける柴田陽子事務所を迎え、ブランドの世界観を完成させた。容器の一部には、サトウキビを原料とした植物由来のバイオマスプラスチックを使用。商品パッケージは適切に管理された FSC 認証の森林資源を採用し、環境への配慮も行う。

 ※年齢に応じた栄養補給や化粧品によるケア

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら