ビジネス

高島屋、最終赤字に下方修正 21年3〜8月期

 高島屋は12日、2021年3〜8月期連結業績の純損益が44億円の赤字になりそうだと発表した。従来予想は35億円の黒字だった。コロナによる緊急事態宣言の長期化で、百貨店の営業時間や入店客数の制限が続き、売上高の回復が計画以上に遅れた。

 修正後の業績予想は売上高に相当する営業収益が3472億円(修正前は3785億円)、営業損益は20億円の赤字(同20億円の黒字)となる。正式な決算は14日に発表する。22年2月期の従来予想は純損益で100億円の黒字(前期は339億円の赤字)を見込んでいたが、修正の可能性もある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら