ファッション

土屋鞄の職人が本気を出した“石を運ぶバッグ” 水切りのプロに向けた本格機能

 土屋鞄製造所は、本気の遊び心で作る鞄シリーズ“運ぶを楽しむ”から、“水切り石専用バッグ”を発表した。バッグは非売品で、渋谷スクランブルスクエアの土屋鞄製造所渋谷店で10月31日までの期間限定で展示中だ。

 “水切り石専用バッグ”は、水切り石のプロの使用シーンをイメージした機能性を備え、片手で石の出し入れが可能。腰に着けるだけでなく、肩にかけることもできる2WAY仕様となる。5つ並んだ石のポケットは職人によるフリーハンドで、あえて不ぞろいに仕上げることで、“一つとして同じものはない石”をイメージした。素材は、スムースレザー“イタリアンショルダーヌメ革”を使い、内装には防水レザーを採用した。

 “運ぶを楽しむ”シリーズは、「新型コロナウイルスの影響で心休まらない状況だからこそ、職人の本気の遊び心を通して、わくわく感やときめきを伝えたい」という思いから始まった。過去には“スイカ専用”や“ワイングラス専用”、“雪だるま専用”といったバッグを発表し、SNSで話題を呼んだ。7月には“スイカバッグ”(税込11万円)を数量限定で販売したところ、約2週間で完売したという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら