ファッション

ファンをコラボ相手に指名! 今なすべきインフルエンサーの巻き込み方

有料会員限定記事

 スイスの時計ブランド「モーリス・ラクロア(MAURICE LACROIX)」が、名古屋在住の中澤浩司さんにブランド初の公認ファンクラブの運営を一任し、さらに今秋、代表的モデルである“アイコン オートマティック”とコラボレーションすることは、こちらの記事で伝えた通りだ。ここでは、ステファン・ワザー(Stephane Waser)「モーリス・ラクロア」=マネジングディレクターに、なぜ一個人とパートナーシップを結ぶに至ったのか?また、今後のインフルエンサー戦略などについて聞いた。

WWD:「モーリス・ラクロア」が、中澤さんとコラボモデルまで作ったのはなぜ?

ステファン・ワザー「モーリス・ラクロア」=マネジングディレクター(以下、ワザー):中澤さんと初めて会ったのは2年前だ。それ以前にもインスタグラムを通じて交流があったが、私が日本を訪れた際に食事をし、中澤さんが「モーリス・ラクロア」に対してとても情熱的で、かつ興味深いビジョンを持っていることを確認した。そこでブランド初の公認ファンクラブの運営を打診した。献身的な中澤さんのおかげで、草の根作戦が良い結果を生んでいる。ファンクラブ発足から数カ月たったころ、「日本限定モデルを作らせてほしい」と連絡があり、「あなたになら任せられる」と即答した。

WWD:これまでにもインフルエンサーとコラボ時計を製作したことはある?

この続きを読むには…
残り1222⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら