ビューティ

kemioがジェンダーニュートラルコスメ「ヒューミオ」を始動 第1弾はBBクリームとコンシーラー

 「ボタニスト(BOTANIST)」などを手掛けるI-neは8月31日、動画クリエイター・モデルのkemioがプロデュースする新コスメブランド「ヒューミオ(HUMIO)」を公式ECやECモールで発売する。9月4日にはロフトとプラザで、20日に全国のバラエティーショップで展開する。

 「ヒューミオ」は性別などにとらわれず、ありのままの自分を愛するジェンダーニュートラルなヒューマンのためのブランド。ブランド名の由来は、ジェンダーニュートラルな“ヒューマン”と“kemio”を掛け合わせた造語だ。第1弾アイテムは、大人ニキビなどの肌悩みを瞬時にカバーするBBクリームとコンシーラーの2つ。大人ニキビの赤み、くすみ、くまなどの肌悩みをカバーし、トーンアップをかなえる“ヒューミオ 薬用BB クリーム”(全3色、各30g、各税込3080円)は美容液成分を9種類配合。うるおいケアをしながら肌にピタッと密着し、高いカバー力を実現した。また、柔軟性のあるスムージングパウダーを配合したみずみずしいテクスチャーで伸ばしやすく、耐水性ベールで長時間きれいな仕上がりをキープする。色ムラなどさまざまな肌悩みを徹底的にカバーする“ヒューミオ コンシーラー”(全3色、各6mL、各税込2860円)は、3D構造のゲル状テクスチャーが肌の動きに合わせて伸縮し、長時間自然な仕上がりをかなえる。

 「ヒューミオ」のプロデュースに関してkemioは、「自分は今まで肌に対してコンプレックスがあり、ずっと悩みながら生きてきました。外で誰かに会えば、自分の肌ばかりを見られてるんじゃないかというプレッシャーや、誰かの定義する完璧さや美の基準にハマろうと必死で、気づいたら疲れ果てていました」と自身の体験談を語りつつ、「ヒューミオは単なるコスメブランドではなく、一人一人が持つ美しさを愛するお手伝いをするコミュニティを目指します」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら