ファッション

高島屋が公式ECを刷新 ライフスタイル提案とギフトに特化

 高島屋はこのほど、公式EC「高島屋オンラインストア」をリニューアルした。百貨店の幅広い商品やサービスを生かし、衣食住の垣根を超えたライフスタイルの発信を強化。ギフトニーズの高まりにも対応した。また、UIや UXもスマートフォン向けに、視認性や直感的な操作性を向上させた。

 トップページには、生活シーンを意識した特集コンテンツのバナーを並べた。例えば「暮らしを彩る朝生活」というテーマでは白米やキッチングッズ、コーヒー豆のドリップセット、選りすぐりのフルーツを提案。「敬老の日」では、老舗の和菓子やフラワーギフトなど。「ワインのたしなみ方」「ギフトのマナー」といった、暮らしに役立つノウハウなども紹介する。これら記事内で登場したアイテムは、リンクから商品ページにアクセスして購入することができる。

 また同社の2021年2月期のEC売上高は、ギフトニーズの高まりなどを追い風に前期比60.5%と伸長した。そこで、ギフト需要に対応する機能も強化した。商品の検索窓では、ブランドだけでなく、ギフトを贈るシーンや記念日などからも絞り込めるようにした。商品ページには購入者レビュー機能を追加し、単に商品のよしあしではなく「おみやげ」「ビジネス」「パーソナルプレゼント」など、どんな購入用途に適しているかを採点できるようにした。

 同社は24年2月期を最終年度とする中期経営計画において、ECを主軸としたネットビジネスで売上高500億円を目指している(21年2月期は297億円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら