ビューティ

速水もこみちや小澤征悦らが登場 髭スタイルを楽しむ著名人を表彰する“HIGEMEN AWARDS 2021”開催

 ウエットシェービングで高いシェアを誇る「シック(Schick)」ブランドを展開するシック・ジャパンは8月4日、自身の髭スタイルを自由に楽しむ著名人を表彰する“HIGEMEN AWARDS 2021”を開催した。

 これは“髭のダイバーシティ”(髭のお手入れやスタイルの多様性)をより多くの人たちに知ってほしい、多様な髭スタイルを追求する人たちを応援したいとの思いから、“ヒゲ、自由に楽しんでる?”のコンセプトのもとで開催したイベント。

 “こだわりを持って自身のスタイルに髭を取り入れている”“髭の楽しみ方を世に広めることに貢献している”“シチュエーションに合わせて髭を楽しんでいる”の3つの選定条件に該当する著名人を、特別賞・俳優部門・アスリート部門・芸人部門の4部門で表彰。当日は、受賞者として速水もこみち、小澤征悦、城彰二、髭男爵が登壇した。

 イベントでは、各受賞者の日頃の活動やプライベートの過ごし方に絡めた“髭エピソード”が披露され、会場を大いに盛り上げた。速水もこみちは、コロナ禍でのおうち時間がきっかけで金髪と髭スタイルに挑戦しSNSで反響を呼んだ。その写真がスクリーンに映し出されたとき、他の受賞者から「カッコいい」「ズルい」との声が飛んだ。小澤征悦は「日本でも“髭の文化”が根付けばいい」という思いを語った。

 城彰二は1999年に移籍したスペインリーグのチームメイトから「ベビーフェイス」と言われことがきっかけで髭を生やすようになり、髭が伸びるように顎を叩いていたエピソードを披露。髭男爵は、コンビ名が先行し髭がないことを先輩芸人から指摘され、髭を生やすことにしたと話した。また今回の受賞により、「シック」のオフィシャルな“ヒゲダン”としての称号を獲得した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら