ビューティ

売れたアイテムを発表! アイメイク1位は新製品、総合ともに「エクセル」が受賞 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」バラエティー・ドラッグストア

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 バラエティー・ドラッグストアの「アイメイク」部門は、「エクセル(EXCEL)」が新製品、総合ともに1位に輝いた。新製品1位は、「エクセル」“スキニーリッチシャドウ SR11 ブリックブラウン”で、バイヤーは「微細なパール配合で、きれいなグラデーションが作れる」と評価する。2位は「エトヴォス(ETVOS)」“ミネラルクラッシィシャドー サンライズデュー”と、「シピシピ(CIPICIPI)」“グリッターイルミネーションライナー 01”、「ウズ(UZU)」“まつげ美容液”が同率となった。

 総合1位の「エクセル(EXCEL)」は、“パウダー&ペンシルアイブロウEX”が上がった。「長年のユーザーが多く、アイブロウでは他の追随を許さない圧倒的な人気1位」とバイヤーは語る。2位は「水橋保寿堂製薬」“エマーキット”、同率2位に「オペラ(OPERA)」“マイラッシュ アドバンスト”がランクインした。(価格は全て税込)

新製品

1位 “スキニーリッチシャドウ SR11 ブリックブラウン”

「エクセル」

 肌なじみの良いブラウンからベージュ系のカラーで構成される、捨て色なしの4色パレット。ベースカラー、ニュアンスカラー、シャドウ、ラインの4色を見たまま塗るだけで、ニュアンスのあるグラデーションを表現できる。上品な微細パールが配合されていて、大人の艶感、輝きを演出。新色ブリックブラウンは、柔らかな血色感のあるブラウンカラーで幅広い層から人気に。(全8色、各1650円)

2位 “ミネラルクラッシィシャドー サンライズデュー”

「エトヴォス」

 ライムイエローから、青みのあるペタルピンクまで4色がそろうアイカラーパレット。保湿成分リピジュアやシロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Naを配合していて、乾燥しやすい目元に潤いを与える。発色も良く、艶やかなアイメイクをかなえる。石けんでオフできるのも魅力だ。(全7色うち数量限定3色、各4400円)

2位 “グリッターイルミネーションライナー 01”

「シピシピ」

 0.07mmの極細毛を採用した、リキッドタイプのグリッターライナー。多種類のグリッター&パールが入っていて、きらめく目元を演出する。涙袋や、まぶたの真ん中に入れてアイホールに立体感を出したいときに活躍。9種類の保湿成分配合で、乾いた後も肌がつっぱらない設計。カラーは4色展開で、いちばん人気は肌なじみのいい01ピンクベージュ。(全4色、各1540円)

2位 “まつげ美容液”

「ウズ」


総合

1位 “パウダー&ペンシルアイブロウEX”

「エクセル」

 ペンシル、パウダー、スクリューブラシの3機能が一体になったアイブロウ。眉毛1本1本を描きやすいペンシル、濃淡がつけやすいふんわりパウダー、ラインをぼかすスクリューブラシがセットになっている。ポーチに入れてもかさばらないサイズ感と、ヘアカラーに合わせて選べられる豊富なカラーバリエーションがそろい、根強い人気を誇る。(全8色、各1595円)

2位 “エマーキット”

「水橋保寿堂製薬」

 富山の製薬会社が開発した、ペンタイプのまつげ美容液。保湿成分のヒアルロン酸、毛髪を健やかに保つビオチンやイチョウ葉エキスなどを配合し、まつげに艶やハリをもたらす。極細筆なので、まつげの生え際にも塗りやすい。1日1回の塗布で約2カ月使える。スペルはEMAKEDで後ろから読むと「でかめ」になると話題を集めた。(2mL、6050円)

2位 “マイラッシュ アドバンスト”

「オペラ」

 特殊な粒子を配合していて、塗ると毛先が伸びたような印象を演出するマスカラ。スリムなブラシが、まつげの根元やキワまで入り込み、短いうぶ毛もしっかりキャッチ。1本1本根元からセパレートし、ダマや束感のない仕上がりに。カラーは、漆黒ブラックのみの展開。お湯でオフできるのも魅力。(1046円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT :MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら