ファッション

ワコール、顧客データ活用によるオムニ戦略 今期120万人の新規客獲得へ

 ワコールは1日、オムニチャネル戦略促進を柱とした事業方針を発表した。オンライン・オフラインの融合と顧客データ活用による顧客体験の向上を目指す。22年3月期の新規顧客データの獲得目標として120万人(前期は80万人)を掲げ、5年以内に購入した顧客のデータを440万人(同360万人)に増やす。

 同社は17年以降、オムニチャネル戦略の環境整備やサービス開発に毎年20億〜30億円を投資してきた。19年には5秒で体形を計測できる3Dボディスキャナーを導入、昨年はアバター接客「パルレ」を始めるなどデジタル革新を進めてきた。3Dボディスキャナーの計測者数は21年3月末で累計5万人以上、購買率は30%に達する。主に20~30代の新規顧客獲得につながっている。また、自社ECの21年3月期の売上高は、コロナ禍で前期比55%増の79億円と好調だった。

 今後は、オムニチャネル戦略を「CX戦略」と名称を改め、経営資源を重点的に投じる。3Dボディスキャナーや「パルレ」に関しては、店舗の減少や接客を担当するビューティーアドバイザー(BA)不足などの問題の解消となると同時に、BAの働き方改革にも寄与。また、コロナ禍でソーシャルディスタンスが重要視される中、顧客がストレスなく購入できる選択肢の一つにもなっている。

 1日にオンラインで行われた会見で伊東知康ワコール社長は、「昨年は新型コロナウイルスに翻弄された年だったが、成長するために必要なものや変革を進めてきたのでCX戦略は今後の力強いエンジンになる」と述べた。ワコールでは新宿伊勢丹本店のファッション売り場の“マッチパレット”というスタイリングサービス用に3Dボディスキャナーを提供するなど、異業種との協業も今後積極的に行なっていくという。

 組織再編に関しては、エリアごとに全ての販売チャネルの管轄、ブランド価値の最大化と業務効率のための商品企画業務の統合、ブランドやチャネルを横断した投資や広告の最適化を目指したマーケティング業務統合などを行う。それにより、一人一人の顧客に対応し、利便性を高める柔軟な組織を目指し、より愛される商品作り、顧客に伝わる一環したマーケティングをしていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら