ファッション

ワコールが組織再編 卸と小売事業本部の業務を統合

 ワコールは4月1日付で卸売事業本部と小売事業本部の再編を行う。2020年5月に発表した再成長の方針に基づき、事業効率向上を目的に高収益の経営体質の構造を目指す。百貨店、量販店、専門店、直営店といった販売チャネル別の組織から、販売を担当する「営業本部」、商品企画を担当するブランドグループ」、統合的なマーケティングを担当する「マーケティング統括部」に改める。

 営業本部は5つのエリア(北海道、東日本、首都圏、西日本、九州)別で編成し、直営店を含む全ての販売チャネルを管轄し、各エリアの特性に合う販売体制を確立する。ブランドグループは3つのグループで編成し、第1グループは「ワコール(WACOAL)」ブランドが中心、第2グループは「ウイング(WING)」ブランド、パーソナルウエア、メンズブランド、第3グループは直営店ブランドである「アンフィ(AMPHI)」を中心に担当して企画業務の効率化を図る。マーケティング統括部は各事業部別だったマーケティング部門を統合してもので、ブランドやチャネルを横断したマーケティング戦略を行なっていく。

 また、3D計測などデジタル技術の活用による事業拡大を目的に、イノベーション推進部を「イノベーション戦略室」へ名称変更するとともに、社長直轄の組織にする。オムニチャネル戦略の推進やデジタル人材の育成の目的でIT統括部を新設し、ITインフラやシステムを担当するIT推進部とCX(カスタマーエクスペリエンス)の推進やDX(デジタルトランスフォーメーション)技術の検証を行うIT企画部で編成する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら