ビューティ

三崎を拠点に複業する編集者ミネシンゴの働き方 夢は「髪型で町を変えること」

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」5月17日号では「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集を行った。本業(正社員)を続けながら行うサイドジョブを「副業」と呼ぶのに対し、「複業」は自分の能力を生かしてマルチに働くことを指す。特集ではファッション&ビューティ業界でマルチに働く”複業人”を取材。これからの時代、ますます注目されるであろう複業にクローズアップする。

 神奈川県の三崎港からすぐそばの商店街で、夫婦2人で出版社のアタシ社を営む編集者ミネシンゴさん。出版業はもちろん、蔵書室・カフェ「本と屯(たむろ)」や「花暮(はなぐれ)美容室」の運営、シェアオフィス「TEHAKU(テーハク)・BOKO(ボコー)」を手がけるなど、三崎を拠点にその仕事は多岐にわたる。美容師としてキャリアをスタートし、「髪型が変われば、街の印象まで変わるはず」と話すミネさんに自身のキャリアと今後の展望を聞いた。

WWD:まずは経歴を教えてください。

ミネシンゴ(以下、ミネ):美容学校を卒業後、神奈川県・相模原と東京・青山の美容室で約1年ずつアシスタントとして働きましたが、ヘルニアになってしまい離れることに。ただ美容業界にずっといたいという思いは強く、美容出版社・髪書房に入社して美容業界誌「Ocappa」編集部に入りました。そこでいろいろな美容師さんに出会う中で、また美容師をやりたくなって。腰も治ったので、25歳のときに鎌倉で再びアシスタントに。2年ほどしてまた腰の調子が悪くなって、突然の父の他界や東日本大震災も重なり、改めて違う道に進もうとリクルートに就職しました。ホットペッパービューティの企画と営業を3年半やりました。そして、20代最後に自分で雑誌を作ろうと思い立ち、リクルートに所属しながら美容文藝誌「髪とアタシ」を創刊しました。

WWD:いわば副業的な立ち上げだったと思うが、大変だったことは?

ミネ:実はあまり大変ではなく、リクルート自体が副業に寛容でした。上司に話したら、「営業マンがこんな雑誌を作ったから読んだほうがいいぞ」って、まとまった数を買って配ってくれたぐらい。お金儲けだけではなく、自分がやりたいことで、かつ社会のためにもなりそうと思ってくれたんだと思います。

WWD:その後、出版社・アタシ社を立ち上げた。

ミネ:創刊後面白くなって、フリーランスになるのか、リクルートに残るのか考えましたが、妻がフリーランスのデザイナーとして独立していたので、一緒に出版社をやったら面白いかもと30歳の時にアタシ社を立ち上げました。当初は逗子にいたのですが在庫などで手狭になってしまい、もう少しコストパフォーマンスが良く、東京にも通える場所と言うことで三崎にきました。最初からお店をやろうとは考えていなくて、ただ物件に一目惚れして引っ越してきました。アタシ社がスタートして3年目。本を作って世の中に流通させることはもちろん、蔵書室でありカフェ「本と屯」と「花暮美容室」の運営、最近は泊まれる仕事場「TEHAKU」と「BOKO」というシェアオフィスも手がけています。そのほか、三崎の魅力を発信したり、美容学校での講義やクライアントワークも行ったりしています。

この続きを読むには…
残り2466⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら