ファッション

ホルストンの華麗なるデザイナー人生を写真で振り返る ネトフリドラマで最注目

 70〜80年代にかけて一世を風靡したホルストン・フローイック(Halston Frowick)氏のデザイナー人生を描いたオリジナルドラマ「ホルストン(HALSTON)」が、ネットフリックス(NETFLIX)で配信されている。スコットランド出身のユアン・マクレガー(Ewan McGregor)が主演を務める同作では、当時一大ファッション帝国を築いた同氏の成功や転落に焦点を当てる。

 ホルストン氏は1932年生まれ。自身の名を冠したブランド「ホルストン」を立ち上げ、エレガントかつセクシーなウィメンズアイテムを手掛けた。パーティー好きが高じてホルター・ドレスなど、当時大流行したアイコニックなドレスを開発。ブランドが発展するにつれて専属モデルたちも“ホルストネッテ(Halstonettes)”の愛称で注目を浴びた。

 華やかなプライベートでも知られており、モデル仲間とともにニューヨークの多くのパーティーシーンに登場。マンハッタンの自宅ではライザ・ミネリ(Liza Minelli)やアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)、トルーマン・カポーティ(Truman Capote)、エルサ・ペレッティ(Elsa Peretti)といった面々と定期的にパーティーを開催した。

 同氏は自身のデザインを「物事のムードをつなぎ合わせている」と表現。ここではオリジナルドラマの配信に際して、1990年に亡くなったホルストン氏のデザインやキャリアを55枚の写真で振り返る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら