ファッション

村上隆も太鼓判を押す「レディメイド」の細川雄太がカイカイキキギャラリーで個展開催

 「レディメイド(READYMADE)」や「セントマイケル(©SAINT M××××××)」を手掛ける細川雄太デザイナーは5月11〜25日に、村上隆が主宰するカイカイキキギャラリー(Kaikai Kiki Gallery、東京都港区元麻布2-3-30)で初の個展「-YES-」を開催する。

 今回の個展では細川デザイナーのプロダクトに用いるグラフィックに焦点を当て、洋服のデザインとしてではなく、アートピースとしてのグラフィック作品と3Dデータによる立体作品を発表する。

 細川デザイナーは「一見パロディに見えるような作品でも、先入観なく肯定的な目線で見て欲しい。肯定的に見つめ直すことで、見え方が変わってくるのではないか」という。また村上は「細川さんの展覧会をとっても誇らしく、お届けしたい。村上の工房で制作したアートピースは、アートピースとしてのこだわりが満載で、これ以上ないシズルを盛り込んだものになっている。アートピースとしての完成度は非常に高く、制作した工場として胸を張れるものとなった。大変挑戦的な展覧会になると思う。ファッション業界の人も、アート業界の人も、ぜひ刮目して欲しい」とコメントしている。

 なお、緊急事態宣言の発令に伴い、会期変更の可能性がある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら