ファッション

「セント マイケル」とフォトグラファーRKのコラボTシャツが実現 RKの個展で限定販売

 「レディメイド(READYMADE)」の細川雄太デザイナーとアーティストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が共同で手掛けるブランド「セント マイケル(SAINT MICHAEL)」は、フォトグラファーRKとコラボレーションしたTシャツを発表した。価格は税込2万7500円で、RKが地元・茨城県古河市で開催する個展「フリーク(FREAK)」の会場限定で取り扱う。

 今回のコラボTは、RKが「セント マイケル」のシーズンビジュアルをブランド立ち上げ当初より撮影していることから実現。同氏が日頃から愛用しているカメラとカメラのスペック、個展名、そして“Saint”の文字をプリントしている。

 個展「フリーク」は、今年4月に開業した茨城県古河市の「ザ キャンプ フリークス ストア("The Camp" FREAK'S STORE)」2階のコミュニティ型コワーキングスペース「アンドフリーク(&FREAK.)」で開催。RKの代表作品をはじめ、古河市の景観や同市出身の女優・染野有来のポートレート作品などを展示する。会期は2022年12月17日から2023年1月29日までで、入場は無料だ。

■FREAK
会期:2022年12月17日〜2023年1月29日
時間:12:00〜19:00
場所:「ザ キャンプ フリークス ストア」2階「アンドフリーク」
住所:茨城県古河市中田2268
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

伊勢丹新宿本店「日本一売る店」の舞台裏

「WWDJAPAN」10月2日号は伊勢丹新宿本店特集です。各地で百貨店の閉店が相次ぐ中、2022年度に過去最高の3276億円の売上高を記録しました。同年の来店数はコロナ前と比べると8掛け程度にも関わらず、過去最高の売り上げを更新できる理由について探ります。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。