ビジネス

オンワードがOMO型の新業態 デジタルを活用した6つのサービス

 オンワード樫山は24日、「OMO(オンラインとオフラインの融合)型店舗」をうたうライフスタイル型の新業態「オンワード・クローゼット・ストア(ONWARD CROSSET STORE)」の3号店を、千葉・南船橋の「ららぽーとTOKYO-BAY」1階にオープンした。

 出店地は同社の「シェアパーク(SHARE PARK)」跡地で、売り場面積は331平方メートル。ファッションからビューティ、食品、生活雑貨まで取り扱う。また、同社は2021年2月期に会員プログラム「オンワード・メンバーズ」が360万を突破。これをベースに、デジタルを活用した6つのサービスを導入する。

 デジタルサービスは、客の利便性向上とともに、店頭へ誘客するための接点となる。同社のEC「オンワード・クローゼット」の在庫を店舗に取り寄せて試着・購入ができる「クリック&トライ」は、イオンモール羽生店(埼玉・羽生市、4月10日オープン)、mozo ワンダーシティ店(名古屋市、同17日オープン)で先行導入し、すでに1日平均で3人程度の利用がある。そのほか、指名したスタイリストからウェブ上で接客を受けられる「パーソナルスタイリング」、ストリーム配信動画を見ながら商品を購入できる「スタイリングライブ」、体形や好みの色・形の入力でオンライン上でフィッティングイメージを確認できる「カスタマイズ」などがある。

 買い付け商品が半分以上を占めるMD構成も特徴だ。自社ブランドは「23区」「自由区」などのほか、EC限定ブランドの「ハッシュ ニュアンス(#NEWANS)」などを実際に試着・購入できる。買い付け商品は「グラミチ(GRAMICCI)」をはじめとしたコロナ禍で熱が高まるアウトドアウエアや、ビューティコーナーではオーガニックコスメの「アルジタル(ARGITAL)」のスキンケア用品、各地から選りすぐった缶詰食品や食器など幅広くセレクト。それらを「ワーク」「ホリデイ」「ウェルネス」の3つのゾーンに分けて売り場を構成している。

 単店および事業全体での売上高目標、出店計画などは明らかにしていない。百貨店などへの出店も視野に入れている。事業を担当する前川真哉OMOストアカンパニー企画販売課長は、これまで同社の基幹百貨店ブランド「23区」の営業担当などを長年務めてきたが、20年に現在のポジションに抜てきされた。「これまで当社が主力としてきた(プロダクトアウト型の)ブランドビジネスとは考え方が異なる事業だ。お客さまがどんなモノが欲しくて、どういったサービスを求めているかが出発点になる。(OMO型店舗は)われわれのノウハウで最初から100点満点のものが作れるとは思っていない。トライアンドエラーの中で事業のスキームを構築していきたい」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら