ビューティ

韓国発「魔女工場」から“ドクダミ&シカライン”が新登場 100%ビーガン処方

 韓国のスキンケアブランド「魔女工場」は4月23日、ビーガン処方の鎮静ケアに特化した“ドクダミ&シカライン”を発売する。Qoo10と楽天の公式ショップで販売する。

 “ドクダミ&シカライン”は、フランスのビーガン認証機関「イブ ヴィーガン(EVE VEGAN)」の正式認証を受け、100%ビーガン処方にこだわったスキンケアラインだ。韓国の2大名峰の1つ、智異山(チリサン)で採れた高品質の智異山ドクダミを144 時間発酵させたドクダミエキスとシカを配合し、ストレスなどの影響を受けた肌をケアする。製品は、洗顔フォーム(120mL、税込1400円)、美容液(100mL、税込2000円)、化粧水(400mL、税込2400円)、クリーム(100mL、税込2800円)、マスク(25mL、300円)をラインアップする。

 「魔女工場」は2012年に韓国で誕生したスキンケア専門ブランドで、天然成分にこだわったアイテムをそろえる。韓国の有名口コミアプリ「ファへ」で高評価を得るなど、本国での人気も高い。昨年8月に日本に上陸し、若年層を中心に支持を集めている。今回登場する“ドクダミ&シカライン”を含む“アワーヴィーガン”シリーズの製品は山林保護のためのFSC 認証包装材及び豆インクを使用するなど、環境にも配慮している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら