ビューティ

注目度増す成分“ガラクトミセス”とは? 

ここ最近、“ガラクトミセス”を配合したコスメを多く見かけるようになった。⻄原羽衣子アットコスメリサーチプランナーによると「『SK-II』の大人気商品“フェイシャルトリートメントエッセンス”(75mL、1万1990円/160mL、2万2000円/230mL、2万8050円※編集部調べ)に含まれる「ピテラTM」が、ガラクトミセス培養液であるという認知が広がり、口コミでもガラクトミセスが入っているプチプラ商品を求める動きが見られている」と説明する。

成分の活用は多岐にわたり、9月にフルリニューアルした「ボタニスト(BOTANIST)」の“ボタニカルシャンプー”(5種、各460mL、各1540円)と“ボタニカルトリートメント”(5種、各460g、各1540円)、「魔女工場」の“ガラク ナイアシン2.0エッセンス”(50mL、2900円)、「セルヴォーク(CELVOKE)」の“スキンレゾネート リキッドファンデーション”[SPF32・PA+++](全4色、各26g、各5280円)に配合。シャンプーからファンデーションまで幅広く採用されている。そこで同3ブランドに“ガラクトミセス”を配合した商品の動向や採用した理由を聞いた。

―――“ガラクトミセス”を配合したアイテムの売れ行きは?

吉田 周平「ボタニスト」開発担当:リニューアル発売した初月(9月)の売上高は前年同月比11%増だった。本体は同21%増で着地し、累計販売数は1億7000万本(23年11月時点)を記録し好調に推移している。

崔世梨(チェ・セリ)「魔女工場」マーケティング部 アソシエイトマネージャー:“ガラク・ナイアシン2.0エッセンス”は累計販売数230万本(20年2月〜23年6月)を突破した。

八塚七恵「セルヴォーク」PR:“スキンレゾネート リキッドファンデーション”は8月の発売以来、好評を得ている。ベースメイクカテゴリーのシェアが大きく上回っている。

―――“ガラクトミセス”を配合した理由は?

吉田 周平「ボタニスト」開発担当:ガラクトミセスと、“森の看護婦”とも呼ばれている白樺由来のシラカバ樹液は、非常に相性が良い。

「ボタニスト」はリニューアルで、乾燥・ダメージ・地肌の3つのケアを訴求しているが、地肌ケアをスキンケアレベルの成分でかなえたいという思いから、白樺発酵エキスに含まれるガラクトミセス培養液を採用した。ガラクトミセス/シラカンバ樹液発酵液は、シラカンバ樹液を培養媒体とした純粋な酵母発酵液であり、地肌に潤いを与える。

崔世梨「魔女工場」マーケティング部 アソシエイトマネージャー:ガラクトミセス培養液はビタミン、ミネラル、アミノ酸などのさまざまな成分が豊富で、肌本来のキメをケアするのに優れた成分だ。また、美白成分として知られるナイアシンアミドを配合することで、肌の美白にアプローチする。ガラクトミセス培養液とナイアシンアミドのバランスの取れた最適な成分配合で、透明感ある肌に導くと判断した。

八塚七恵「セルヴォーク」PR:「セルヴォーク」が目指す肌を鑑みて開発する際に、ファンデーションを「肌への負担」ではなく「スキンケアに近い」という価値観へ変え塗布感なく、よりナチュラルに、その人自身の肌を基点にした美しさを演出したいと考えた。日本酒造りで使用する酵母のガラクトミセスは、天然の化粧水と言われる白樺樹液で培養した成分で、アミノ酸やミネラルを豊富に含む。ファンデ―ションを塗布している間も、保湿し、乾燥・肌荒れを防ぐ。この白樺樹液発酵エキスを、余分な皮脂を吸着する皮脂吸着パウダーに含浸させ、「セルヴォーク」独自成分「発酵白樺コントロールカプセル」を開発し、配合することで皮脂崩れと乾燥崩れを防ぎ、美しい仕上がりを長時間キープすることに成功した。みずみずしい潤いで、化粧下地が無くても心地よく使うことができる。

―――ガラクトミセスの他に、現在注目されている成分は?

八塚七恵「セルヴォーク」PR:引き続きアップサイクル原料に着目している。サステナブルな視点だけでなく、捨てられていた植物の皮・種・穀物のヌカなどには豊富な栄養素が含まれていて、肌への可能性を感じている。また、休耕田を活用して作られた原料を取り入れるなど、地域も環境問題にも同時に目を向け、それらを有効活用していく。

崔世梨「魔女工場」マーケティング部 アソシエイトマネージャー:パンテノール関連成分だ。保湿の原点にして頂点ともいえる、スキンケア成分ではないか。保湿力に優れていて、よりシナジー効果が期待できる方法を研究している。「魔女工場」“パンテトイン エッセンス トナー”(200mL、3200円)はパンテノールとエクトインを4:1で配合。乾燥した肌を潤いで満たしてくれると好評だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。