ビューティ

リラクゼーションサービスのメディロムがヘアサロン「ザック」と店舗運営に関する事業提携

 「リラク(Re.Ra.Ku)」を中心にリラクゼーションスタジオを全国に展開するメディロムは、ヘアサロン「ザック(ZACC)」を運営するザックと店舗運営に関する事業提携に合意した。

 メディロムは、美容サービスはお客に対して“美”を提供するものであると同時に“癒し”を提供するものであり、同社のサービスと親和性が高いものと考えている。事業提携により、既存店舗での相互サービスの提供や、共同運営店舗の開発、社員教育の共有を行うことで、顧客満足度の向上や店舗収益率の改善を図る。またメディロムが有するフランチャイズ、社員独立制度などのノウハウを共有することで、「ザック」ブランド店舗の国内外における新規出店を強化する。

 「ザック」は1988年に創業したヘアサロン。ノンストレスワークとアンベリワード(「embellir(美しくする)」と「reward(褒美)」の意味を重ねた言葉で、「美しくあろうと努力する人へのご褒美」というメッセージを伝えるために同サロンが考えた造語)をコンセプトにした店舗を展開する。高い技術力とサービス提供力、ブランド力を有し、30年以上にわたり顧客から人気を集めタレントや著名人も多く来店する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら