ビューティ

阪急うめだ本店の化粧品売り場が進化 ライブ配信スペースを確保しオン・オフで売り場の臨場感を伝える

有料会員限定記事

 阪急うめだ本店の化粧品売り場のOMO施策が顧客を引きつけ、売り上げ拡大に貢献している。2〜3月の商況は前年同期をクリア。藤尾瑞子・阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 ビューティー営業統括部 化粧品商品部マーチャンダイザーは「昨年が緊急事態宣言下で休業もあったことから当然の結果」と語るものの、スキンケアやメイクアップは新製品が概ね好調だったことに加え、フレグランスやディフューザー、ヘアケア関連などのライフスタイルカテゴリーが前年同期比1.5〜2倍となった。

 eコマースの売上高は同2倍と伸長。「シャネル」のフレグランスのバーチャルストアを立ち上げたり、「シセイドウ」や「クレ・ド・ポー ボーテ」のライブコマースを行ったりしたことが奏功した。売り場の美容スタッフやメイクアップアーティストが登場することで親近感を与えeコマースでの新客も増えた。店頭でのタッチアップが難しい状況が続く中で、商品の使用方法やハウツーなどはユーチューブやIGTVでの発信を徹底しているという。

この続きを読むには…
残り1133⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら