ファッション

エドウインの新CM めるるに加えて霜降り明星が登場

 エドウインは、3月28日から放映する“エドウインジャージーズ(以下、ジャージーズ)”のテレビ・ウェブ向けCMの発表会を行った。2020年11月から同商品のCMに出演する“めるる”ことモデルの生見愛瑠に加えて、今回からお笑い芸人の霜降り明星が登場する。

 新CMでは、テレビ版で粗品(霜降り明星)がギター演奏を披露。「ラクすぎてエグい」などの“粗品節”も散りばめる。一方ウェブ版では、せいや(霜降り明星)が足つぼ師から施術を受け、痛みにのたうち回りながら“ジャージーズ”の伸縮性の高さを表現。また、めるるは“ジャージーズ”を使った11パターンのコーディネートを見せる。

 発表会に登場しためるるは、「私がモデルになったのは小学校4年生のとき。応募の際に送った写真でもジーンズをはいていた」とエピソードを話し、テレビCMに一瞬しか映らないせいやは、「新ネタだ」という歌とダンスで林史郎社長に次回のいっそうの露出を直訴した。

 “ジャージーズ”は2011年に販売を開始。見た目はジーンズながら、ジャージーのようなはき心地が特徴で、20年末にリニューアルを図っていた。エドウインは同シリーズの新作として、4月にウエストにドローコードを付けたアンクル丈の“イージーモデル”(9900円税込)を、4月中旬に軽量で冷感のある夏素材を使った“ジャージーズクール”を発売する。

「新ネタ」の歌とダンスで林史郎エドウイン社長にアピールする、せいや(霜降り明星)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら