特集・連載

春の“香り”に誘われて ニュウマン横浜で楽しむ豊かな一日

 2020年6月、横浜の新しいランドマークとして誕生した「ニュウマン横浜」。自分の価値観をもつ自立した大人の女性に向け、ファッションやビューティ、グルメなどジャンルを横断した計115テナントをそろえ、上質で本物、かつ時代を先取りした価値提案が感性を刺激する。また、「時間消費型」の商業施設をコンセプトとして掲げるように、ゆったりと時間を過ごせるような仕掛けや工夫が随所に散りばめられているのも特徴だ。陽気に誘われ、お出かけ気分が高まる季節がやってきた。この春はゆったりと時間が流れる「ニュウマン横浜」で一日を過ごしてみてはいかがだろうか。

開放的な空間とユニークな環境設計
滞在する楽しさを呼び起こす

 JR横浜駅西口直結のアクセスのよさも魅力の「ニュウマン横浜」。館内に入って周りを見渡せば、建築家・田根剛の環境デザインにより、世界の港に着想を得たタイルが館全体を彩り、ゆったりと広めにとられた通路は歩くだけでも楽しい。異なるフロアを行き来するたびに新鮮な印象を受けるが、これは“新しい自分と出会う”(1〜2階)“美が宿る”(3階)といったフロアごとに異なるコンセプトでショップ構成、空間設計がなされているからだ。
 1〜2階の一角には、気鋭のアーティストによる作品を展示する「ウォールストリートミュージアム」がある。定期的に入れ替わる作品群からは、その時だけの新鮮な驚きが得られ、買い物の合間にもちょっとした美術館気分を味わうことができる。
 「ニュウマン横浜」をめいっぱい楽しむなら、買い物だけではもったいない。6階には物販とレストランの複合エリア「2416マーケット」がある。名前は神奈川県の面積である2416㎢にちなんだもの。伝統工芸品の物販や採れたての食材を使ったレストランなど、神奈川ならではのモノ・コトを楽しめる。また、「ニュウマン横浜」の上位顧客のみ特典として利用ができる「ニュウマンラウンジ」も用意されている。

香りで新しい自分を演出する
充実のフレグランスショップ 

 この春は装いだけでなく、新しい香りをまとうことで、今までとは違う自分を演出したい。「ニュウマン横浜」には国内外の上質なビューティ&フレグランスブランドのショップがそろう。フィレンツェ発「サンタ・マリア・ノヴェッラ(SANTA MARIA NOVELLA)」に資生堂の「バウム(BAUM)」、パリの「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(OFFICINE UNIVERSELLE BULY)」、香りのセレクトショップ「ノーズショップ(NOSE SHOP)」、京都の老舗「薫玉堂」などバリエーションも豊かだ。

4月に新出店「ディプティック」
期間限定のフレグランスセットも

 4月には1階にパリ発のフレグランスメゾン「ディプティック」がオープンする。センティフォリアローズとダマスクローズのフレーバーが贅沢なハーモニーを奏でる香水“オードトワレ オー ローズ”(1万7000円)などベストセラーのほか、10種のフレグランスからお気に入りの3種(各7.5ml)をセレクトできる期間限定の特別セット“オード トワレ7.5ml3本セット”(7900円)を用意する。

PHOTO:SHUHEI SHINE

問い合わせ先
ニュウマン横浜 お客さま電話相談室
0120-045-088
(11:00~18:00)